プロフィール

赤羽寛樹

Author:赤羽寛樹
誕生日:S47年3月17日
血液型:O型
生まれ:新潟県新潟市
性 別:男
「新潟市古町通五番町の着物屋『赤羽』の若旦那でございます。
着物の楽しさを広めるべく頑張りますのでよろしくおねがいします!」


最近の記事


月別アーカイブ


カテゴリー


携帯版 ブログ

QR

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

着物のTPO

お客様とお話している時にたまに聞かれるのが、
『紬の訪問着って、どういう時に着ていいの?』
とか
『染の着物には織の帯をあわせる、と本に書いてあってけど絶対そうしなければいけないの?』
というご質問を頂戴いたします。

また、皆様がお着物を持っていらっしゃるにも関わらず着物を着ない理由の一つに

『どの着物を着ていいのか解らないから・・・』

という事も良くお聞きします。

うーん、確かにおっしゃるとおりかもしれません。
着物に関する本を読むと、
『訪問着は結婚式からパーティーまで着られる』
『色無地は幅広いシーンで活躍する』
と、着物の種類別に大まかな用途は説明されていますが、
前述の『紬地の訪問着』や最近人気のある『織物の訪問着』という様な「昔はあまり見られなかった着物」もございますし、
また、レストランウェディングといった「新しい形態のお集まり」も出てきて、単純に
『着ていく場所が○○だから、着物は○○!』
とは言えなくなってきているかもしれませんね。
着物の『TPO』は慣れない内は難しいかもしれませんね、確かに!

TPOとは、ご存知かと思いますが、

time(時間、時期)、
place(場所)、
OccasionあるいはOpportunity(場合、目的)

の頭文字を取った言葉で、何かをする時にはこの三つを考えて、という意味です。(ちなみにこのTPOという言葉、日本人が考えたそうですよ!)

ではこのTPOを、着物に当てはめて考えた場合はどうすればよいかといえば、
O→P→T
という記載とは逆の順番で考えるとわかりやすいかな、と個人的には思います。
つまり、
『どんなお集まりorどんなお立場で、着物を着るのか?』
『場所はどんな所か?』
『季節は?』
という順番ですね。
着物の場合、洋装における「アフタヌーンドレス」、「カクテルドレス」、「イブニングドレス」といった、時間による使い分けは考えなくてよいので、最後のT(time)は『季節は?』になるかと思います。

という事で本日はここまで。
なんとも中途半端な&そんな事はわかっている!という所で終わってしまいましたが(苦笑)、
次回より、私なりに『着物のTPO』について書かせていただきますのでよろしくお願いいたします!

明日はお茶のお稽古です。
2月の本番に備えて頑張らなくては(苦笑)!

◇きものゝ館 赤羽 PC版URL◇
http://kimono-akahane.com/
◇きものゝ館 赤羽 携帯版URL◇
http://kimono-akahane.com/i/

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kimonoakahane.blog43.fc2.com/tb.php/98-74463499

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。