プロフィール

赤羽寛樹

Author:赤羽寛樹
誕生日:S47年3月17日
血液型:O型
生まれ:新潟県新潟市
性 別:男
「新潟市古町通五番町の着物屋『赤羽』の若旦那でございます。
着物の楽しさを広めるべく頑張りますのでよろしくおねがいします!」


最近の記事


月別アーカイブ


カテゴリー


携帯版 ブログ

QR

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
皆様、こんばんは。
本日も例によって
『喜怒哀楽の喜と楽の違い』シリーズです。
もういいよ、って方も多々いらっしゃるかと思いますが、
一応本日で最後となりますのでもう少しお付き合いを。

さて、このシリーズの冒頭で、
『この違いは、仕事であれプライベートであれ大事』
みたいなことを書きました。

今日は、着物屋として、あるいは、商店街として
どちらをより追求すべきか、という事について
自分なりの考えを書かせて頂きます。

結論から述べますと
『どっちも大事』
です。

まったくもってつまらない答えですが(苦笑)、
先にも書いた通り
『喜と楽はそれぞれが補完しあう関係だから』
です。
どちらか一方だけ、という単純な事は
どんなことでもそうですが、ありえません。

とはいえ、それでもどちらか、言われれば
やはり答えは『喜』だと思います。

ここで、買い物や『街の魅力』に関して良く言われる
キーワードをそれぞれに割り振ってみます。

『喜(=よろこび、うれしい)』
高い満足感、高付加価値(≒本物志向、こだわり、オンリーワン)
非日常的、『この店(あるいは人、街)で買いたい!』

『楽=(たのしい)』
安心感、安定感、スタッフと気が合う、気軽、
日常的、『とりあえず行けば何とかなりそう』

また、同じく『楽』ですが読み方を変える、つまり、
『楽(=らく)』だと
価格が安い、自宅から近い、駐車場が多い&無料、
沢山の品ぞろえ(から一か所で選べる)、『簡単、楽ちん!』

とざっと、こんなところでしょうか。。。

ここで大事なのは上記の内、『楽しい』は
すでにそのお店、あるいは商店街を利用している
方々、つまり、『顧客』や『ファン』と言われる方が
思われる、感じられる事、という事です。

しかし、店舗の規模、あるいは、店舗形態にかかわらず
一番大事なことは
『新規顧客開拓』、『新しいファンづくり』
です。

それは必ず『喜』から始まります。

上記の『楽(らく)』に関するキーワードも
インパクトが強ければ、
例えば、『まぁ、こんなに安いの!!うれしい!』、と思われる、
つまり、『喜』と感じるからです。
しかし、やがて日常的にその店舗を使い続けるうちに
それは当たり前の事となり、
さらにその店舗が何も変わらなければ最後は『楽』になります。

もうお分かりかと思いますが
『楽(らく)』で取りあげたキーワードは、いわゆる
郊外型大型ショッピングセンター、
あるいはインターネットショッピングの特色として
よく言われる事ですよね。



では、われわれ小規模小売店、きもの屋、
あるいは老舗商店街はどうすべきか。
それは、もうお分かりだと思いますが、
「『喜』から始まる『喜』」
ここを目指していく事だと思います。

『品質が良さそう・・・。』
『使ってみたら本当に良かった!』
『みんなに褒められた』
『人にあげたら喜ばれた!』

こんな印象、あるいは感想を持ってもらえる事が
だいじなのでしょう。

問題はそこをどうお客様に『伝えていくか』ですよね。

それはまずは、

『カッコいい!』 、『お洒落!』、『良い物そう!』

と思われる店の外観、商品陳列、各広告媒体、
これを自信を持って行い、かつ、めげずに続けていく事、
これに尽きるかと思います。
(絶えず良い商品&サービスを提供&開発する、という事は
ここでは『当たり前』の事なので、あえて書きませんでした。)


さぁ、
今当店が、古町が提供しているのは果たして
『喜』なのか『楽』なのか???
私が家族に対して果たしている役割は
『喜』なのか『楽』なのか???
今の私の活動のその動機は
『喜』なのか『楽』なのか・・・。

これからも悩んでいきます・・・(苦笑)。


結局のところ、特に男性の私が思う事は
『嬉しい!』と思ってもらえる事ってつまりは、文字通り

『女性を喜ばせる事』

なんですよね。

男性にとっては永遠のテーマ、です(笑)。

こんな駄文を長々かいてしまう、
理屈っぽい男は多分一番モテないですよね(苦笑)。
さらに男を磨いてモテ男を目指します!



とまぁ、以上となります。
自分の中の考えをまとめるために書き始めた
ようなブログでしたが、結局、まだまだ、まとまりませんし
書きながら、また違う考えも出てきたりで、
良くわからない文書になってしまい、
申し訳ございませんでした。

今日でこのシリーズはとりあえず終わりますが、
また、何か新しい考えが浮かんだら、あるいは
もっと分かり易くまとまったらまたお付きあい下さいね。


明日からはまた着物や伝統工芸の魅力について、
あと、まれに娘の可愛さについても(苦笑)、
書かせて頂きます!

どうぞ、今後もよろしくお願いいたします!


◇きものゝ館 赤羽 PC版URL◇
http://kimono-akahane.com/
◇きものゝ館 赤羽 携帯版URL◇
http://kimono-akahane.com/i/
◇Facebook『きものゝ館 赤羽』ページURL◇
https://www.facebook.com/akahane.kimono
※皆様のお悩みを解決!
『きものコンシェルジュ』につきましてはコチラもご覧ください。

※新潟市古町五番町商店街オリジナルフリーペーパー
『CINQUE(チンクエ)』URL
http://ful-5.net/

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kimonoakahane.blog43.fc2.com/tb.php/692-7db8f22b

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。