プロフィール

赤羽寛樹

Author:赤羽寛樹
誕生日:S47年3月17日
血液型:O型
生まれ:新潟県新潟市
性 別:男
「新潟市古町通五番町の着物屋『赤羽』の若旦那でございます。
着物の楽しさを広めるべく頑張りますのでよろしくおねがいします!」


最近の記事


月別アーカイブ


カテゴリー


携帯版 ブログ

QR

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
皆様、こんばんは。

さて、只今の古町五番町はこんな感じ。


写真 2015-08-17 18 56 39


うーん、人っ子一人いないとは正にこの事・・・(苦笑)。

まぁ、連休明けですからこんなものかな、
と私は思ってしまいますが、確かにちょっとさびしいかな。

とはいえ、私、各種メディアでの取り上げ方、
あるいは、皆様のイメージほど
古町が寂れているとは全く思っておりません。

もちろん、現状でOK、古町は最高!とも思っていませんが(笑)、
『言うほど悪くないのに・・・』
といった感想なのです。

特に、結婚してから実際に住んでみると
非常に便利なところです。

『傘いらず』
『大概の物は買える』
『美味しい飲食店が多い』
『白山公園等何気に自然が多い&子供を遊ばせるところもある』
『車であれ公共交通であれ、
 なんだかんだ言っても交通アクセスは良い』


等々、他にもいろいろありますが
非常に快適に日常生活を送れるところなのです。

なんというか新潟市についてよく言われる
『観光地ではないけど住んだら非常に良い所』
に似ているかもしれませんね。

とはいえ、古町はやっぱり『商店街』。

上でいえば『観光地』的な魅力も
発信していかなければなりませんし、
それこそが商店街振興組合の努め、ですよね。


結局は色々は意味で
『古町のイメージ向上』
これに尽きると思います。


『そこに行きたい!』、『そこで買いたい!』
『そこにいるのがお洒落!』


と思っていただければ、
多少の利便性が損なわれてでも
(=値段が高い、行列、渋滞、etc・・・)
行ってみたく、買ってみたくなるものですものね。
事実、そう思っていただけるだけの商品&サービスを
提供しているお店がそろっているエリアだと思いますし!


とはいえ、イメージ向上って、
抽象的な事だけに実現することが難しいのも事実。
まだ抽象的なものをよりわかりやすく具現化していって
古町に少しでも貢献していきたいと思います。

ということで本日はここまで。
良くわからない、正に『若旦那の独り言』でしたね(笑)。

これに懲りず今後もよろしくお願いいたします。

◇きものゝ館 赤羽 PC版URL◇
http://kimono-akahane.com/
◇きものゝ館 赤羽 携帯版URL◇
http://kimono-akahane.com/i/
◇Facebook『きものゝ館 赤羽』ページURL◇
https://www.facebook.com/akahane.kimono
※皆様のお悩みを解決!
『きものコンシェルジュ』につきましてはコチラもご覧ください。

※新潟市古町五番町商店街オリジナルフリーペーパー
『CINQUE(チンクエ)』URL
http://ful-5.net/

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kimonoakahane.blog43.fc2.com/tb.php/687-968f190b

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。