プロフィール

赤羽寛樹

Author:赤羽寛樹
誕生日:S47年3月17日
血液型:O型
生まれ:新潟県新潟市
性 別:男
「新潟市古町通五番町の着物屋『赤羽』の若旦那でございます。
着物の楽しさを広めるべく頑張りますのでよろしくおねがいします!」


最近の記事


月別アーカイブ


カテゴリー


携帯版 ブログ

QR

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
3_荒井照太郎作東京友禅黒留袖


今日は、月に数回訪れる
『一人出社の日』。

文字通り、私一人で店番をする日なのですが、
幸いな事にご来店もほどほど(苦笑)、
お客様が重なることも事もなく、
どうにかこうにか一日を終えることができました。

この日にご来店いただいた皆様には
お茶やお菓子のご提供もできず
本当に申し訳ないのですが、
何卒ご容赦下さいませ。

さて、そんな日にふと思ったことが・・・。

それは
『男性の不祝儀の際の和装』について。

もちろん、
『お通夜は地味な着物に紋付羽織』、
『葬儀は黒紋付羽織袴』
というのは解っておるのですが、
実は私は葬儀等の不祝儀だけは
洋装で出席しております。
(お祝い事は100%着物です)

理由は皆様が着物を御召にならない理由に
よくあげられる事とまったく一緒で

『下手に目立ちすぎてしまう。』

もっと言えば

『お祝いの様にとられてしまう?』

とも考えてしまうから、です。

というのも、男性の和装の場合、
じつは、お祝い事であれ、不祝儀であれ、正装は
『黒の紋付羽織袴』
なんです。
『不祝儀の場合は羽織紐は黒に変えても良い』、
という位で殆ど違いはありませんし、
パッと見の印象は結婚式の新郎の衣装と
ほぼ(というか全く)一緒です。

女性の場合は同じ黒地の五つ紋付の着物ですが、
柄の有無(色無地⇔黒留袖(一番最初の写真の着物))、
帯や小物の違い(黒一色⇔華やかな物、白、金、銀)
と、見た目の印象も大分変りますので、
上記のような心配は無いのですが・・・。


他の着物屋さんはどうしているのでしょうか??
あるいはお客様から問われた場合、または
『葬儀に着ることができる着物を・・・』と求められた場合、
どうされているのでしょう??
普段、お着物を御召にならない方々は
葬儀の席で『紋付羽織袴、あるいは和装の男性』を見た場合、
どのように思われるのだろう・・・???

などなど、いろいろと考えてみたり・・・。

実は、その回答は
『まずは自分が着てみる事』
しかないのは解っているのですけどね。。。(苦笑)。

『和装で活動する』事については、
『そんなことまで着物で??』という事も含め(笑)、
大概の事は参加&実行させていただいておりますが
この『不祝儀の式』だけは
実はまだ一回も経験していないのです(苦笑)。

皆様も思いつかれることがございましたら
こちらのコメント欄なりFacebookページのコメントにでも
お気軽にお書きいただければ幸いです。
今後の参考にさせて頂きます!

という事で本日はここまで。
ありがとうございました!

◇きものゝ館 赤羽 PC版URL◇
http://kimono-akahane.com/
◇きものゝ館 赤羽 携帯版URL◇
http://kimono-akahane.com/i/
◇Facebook『きものゝ館 赤羽』ページURL◇
https://www.facebook.com/akahane.kimono
※皆様のお悩みを解決!
『きものコンシェルジュ』につきましてはコチラもご覧ください。

※新潟市古町五番町商店街オリジナルフリーペーパー
『CINQUE(チンクエ)』URL
http://ameblo.jp/ful-5/

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kimonoakahane.blog43.fc2.com/tb.php/665-f9ef2f49

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。