プロフィール

赤羽寛樹

Author:赤羽寛樹
誕生日:S47年3月17日
血液型:O型
生まれ:新潟県新潟市
性 別:男
「新潟市古町通五番町の着物屋『赤羽』の若旦那でございます。
着物の楽しさを広めるべく頑張りますのでよろしくおねがいします!」


最近の記事


月別アーカイブ


カテゴリー


携帯版 ブログ

QR

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

角帯

皆様こんばんは。

昨日は、とある会の同窓会的な飲み会が
ありまして、
その会にはいつも着物で行くのですが、
(というか、どんな飲み会でも
大抵は着物ですが・・・(苦笑))
その会は男性比率が非常に高い会で(笑)、

『赤羽君の着物姿はいいねぇ・・・!
 俺もいつかは着てみたいんだよね・・・!』

と、毎回のように言われるお約束的な
お言葉を掛けていただきました(笑)。

『いったい何時になったら来てくれるのだろう・・・』
と、やはり毎回思うのですが(笑)、
まぁ、それは冗談として、

色々とお話しを聞くと、
やはり『着付け』、
特に帯結びが面倒に思われるようです。

そこで本日は角帯の結び方について。

私が男性から帯結びについて聞かれた場合は
『ネクタイが締められるのであれば
角帯は必ずしめられます。』

とお応えしています。

実際、締めかたとしては
ネクタイよりもよっぽどシンプルなのですよ、じつは。

もっとも代表的な角帯の結び方である『貝の口』は
実は、
『縦結びしたあと横結び』という二重縛りを
しているだけなのです。

そして、その結び目をきれいに整えているだけ、なんです。


『手(て)』、『タレ』、『片方は半分にたたむ』とか、
『余った方は内側に織り込む』とか
専門的な言葉が出てきたり、日常生活で
何かを縛る際には行わない作業が加わるので、
ちょっと難しい様に思ってしまうのでしょうね。

もう一つの角帯の代表的な縛り方の
『片ばさみ』にいたっては、
もはや、縛ってすらいない、
一回からげるだけ、という、
普段、名古屋帯や袋帯を四苦八苦して
しめていらっしゃるご婦人の皆様には
申し訳ないほど簡単なものです(苦笑)。

これからの浴衣シーズンで
和装デビューという男性の方も多いかと思いますが
まずは『片ばさみ』からマスターされてはいかがですか??

どんな縛り方かって??
それは動画サイトを検索して頂ければ
いくらでも出てきます(苦笑)。

というのも、小売店のブログとしては
あまりにも不親切ですのでこちらをご覧ください。

ということで本日はここまで。
ありがとうございました。

明日は・・・

写真 2015-07-04 18 47 03


昨日チラリとご紹介したこちらの
tanmono』の新作の詳細をご紹介する予定です。
どうぞお楽しみに!



◇きものゝ館 赤羽 PC版URL◇
http://kimono-akahane.com/
◇きものゝ館 赤羽 携帯版URL◇
http://kimono-akahane.com/i/
◇Facebook『きものゝ館 赤羽』ページURL◇
https://www.facebook.com/akahane.kimono
※皆様のお悩みを解決!
『きものコンシェルジュ』につきましてはコチラもご覧ください。

※新潟市古町五番町商店街オリジナルフリーペーパー
『CINQUE(チンクエ)』URL
http://ameblo.jp/ful-5/


コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kimonoakahane.blog43.fc2.com/tb.php/655-459e7a76

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。