プロフィール

赤羽寛樹

Author:赤羽寛樹
誕生日:S47年3月17日
血液型:O型
生まれ:新潟県新潟市
性 別:男
「新潟市古町通五番町の着物屋『赤羽』の若旦那でございます。
着物の楽しさを広めるべく頑張りますのでよろしくおねがいします!」


最近の記事


月別アーカイブ


カテゴリー


携帯版 ブログ

QR

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
皆様、こんばんは。

本日は5月8日(金)より開催の当店展示会、
『矢代仁展』の特集の一つである『御召』についてです。


写真 2015-04-27 18 10 11



『御召(おめし)』という織物、
なぜその名前が付けられたかは
着物通の皆様には説明不要かと思いますが、
江戸時代の将軍様がこの織物で仕立てられた
着物をえらくお気にいられたことから

『将軍様のお召し物』→『御召』

となった、と言われています。

専門的な感じで説明させていただくと、
この御召と言われるお着物は

『先練り先染めの織物』で

『経糸横糸どちらも強撚糸を使って織られる』

『縮緬御召』が正式名称の織物、

です。


まったくわかりにくいですが(笑)、
要するに

『細かいシボ立ちが気持ちいい先染めの着物』

なんです。



先染め(糸で染めてから布に織る)の着物なのですが
紬糸を使用する『紬』とは見た目も風合いも全く違い、
上品な光沢と、
縞柄や絣、また、無地や、紋織や風通御召といった様に、
様々な技法で柄を織あらわす御召は
帯とのコーディネートによって
カジュアルからフォーマルまで、
様々なシーンで着用できる、便利&お洒落なお着物なのです。


※詳細はこちらをどうぞ!

そしてその独特の風合いは、
袷仕立はモチロン、単衣の着物にもお勧めです。
適度にシャリッとした着心地は単衣にしても
本当に気持ちいい物ですよ。
単衣の着物を一枚、という方にもぜひお勧めです。

そんな御召の老舗メーカーである矢代仁の新作を
今回の展示会にて発表させて頂きます。

さらに今回は、
『幅広い用途に対応できる』&『単衣でも袷でもOK』
という、着物初心者にはうってつけのお着物『御召』を
帯とのセットで特別価格にて販売させていただくコーナーも
併せてご用意します!


ご興味を持たれた方は
お気軽にご来場くださいませ。



ちなみに先ほど

>『細かいシボ立ちが気持ちいい先染めの着物』

と書かせて頂きましたが、
着物好きな方はこのフレーズ、
他の織物の紹介でも見たこと&聞いたことありませんか?

そうです。
実をいうと新潟を代表する織物である
『本塩沢』と非常に似ている織物なのです。

本塩沢は
『強撚糸』が横糸だけ、
絣での柄付けがほとんど、
シボ立ちも御召に比べるとよりハッキリしている、
といった若干の違いはあり、
そのため、
本塩沢の方がよりカジュアル向けではありますが、
『紬糸ではなく強撚糸を使用した先染めの着物』
として着物雑誌では同じカテゴリーで扱われる場合も
あったり・・・。

気候も風土も歴史も全く違う
新潟と京都でに似たような織物が生まれる、
というのも面白い&着物の醍醐味ですよね。

ということで本日はここまで。
ありがとうございました!

◇きものゝ館 赤羽 PC版URL◇
http://kimono-akahane.com/
◇きものゝ館 赤羽 携帯版URL◇
http://kimono-akahane.com/i/
◇Facebook『きものゝ館 赤羽』ページURL◇
https://www.facebook.com/akahane.kimono

※新潟市古町五番町商店街オリジナルフリーペーパー
『CINQUE(チンクエ)』URL
http://ameblo.jp/ful-5/

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kimonoakahane.blog43.fc2.com/tb.php/609-7b5698a8

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。