プロフィール

赤羽寛樹

Author:赤羽寛樹
誕生日:S47年3月17日
血液型:O型
生まれ:新潟県新潟市
性 別:男
「新潟市古町通五番町の着物屋『赤羽』の若旦那でございます。
着物の楽しさを広めるべく頑張りますのでよろしくおねがいします!」


最近の記事


月別アーカイブ


カテゴリー


携帯版 ブログ

QR

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先日に引き続きまして着物の着付けについて思っている事を
書かせていただきます。
しばしの間、お付き合いの程よろしくお願いいたします(笑)。

皆様が着物の着付け、あるいはお召しになる時に必ず感じる不安として、
「着崩れないように着なければ!!」
とか
「着崩れてしまったらどうしよう・・・。」
という事もあるかと思います。

「着崩れないように紐を強く縛ったら苦しくて・・・」
「着崩れ防止のために補正するのが面倒・・・」
「着崩れしたくないから動きも制限されちゃって・・・」
こんな声を良くお聞きしますし、
私も昔は「やせているから補正をして」、「遠慮がちな小さな動き(笑)」で着物を着ていた時期もありました。(えぇ、それはそれはスケールの小さい男でしたよ(笑))
確かに、せっかく着物を着てみたのに、着崩れしてしまい見苦しい感じになってしまったら本末転倒だと思いますし、そんな事ならいっそのこと気軽に着れる洋服で・・・、と言うのも良く分かります。

ですが、やはり着慣れていくうちに「!」と思うことが・・・。
まず最初に、
私は何時からか、補正をしなくなりました。
誰がどう見ても痩せ過ぎ体型の私は(笑)、着物を着始めた当初、お腹にタオルを巻き、更には胸板を厚くするような補正下着を使いながら着物を着ていたのですが、しばらく動き回っている間に段々とこの補正着が着物の中でずれてきて、なんとも気持ち悪い感じになっていきます。
もちろん補正着のつけ方も悪かったかもしれませんが、ついには面倒くさくなり補正をしなくなりました。
・・・が、
だれもその事には気付きません。
そして私も以前に比べずっと快適に着物を着て行動できるようになりました。

次に、私、以前は腰紐を「ウェスト」でしばっていました。
当然ですが、着崩れしないように強くしばっていると苦しくなり、また細い紐で縛っているのでお腹周りに常に「違和感」を感じていました。
そんなことを社長に話していたら
「縛る位置が悪い!腰骨で縛りなさい!」
と言われ実際にそのようにしてみると・・・、
これが何と気持ち良い事か!
腰骨で縛っている場合、強めに締めても全く苦しくなく、着崩れもしにくくなります。また角帯を占める位置も若干低めにして着てみるとあの角帯独特の「腰がシャンとする」という感覚を感じる事が出来ます。
(あの感覚はお召しいただいた事が無いと中々解らないものですが、何とも気持ちよいものですよ!)
ちょっとしたコツをつかめば快適に着物は着れますし、着崩れもしにくくなります。
というか、そもそも皆様がお思いの程、着物って着崩れしません。
実際、皆様よく「動いていたら着崩れちゃって・・・」と仰られますが、私たちがみても「どこが??」という事が殆です。

ですが、今回私が一番お伝えしたい事、
冒頭で書いた「!」っと思った事、それは・・・

「着崩れしない衣装は無い」

という事です。
考えてみれば当たり前の事なのですが、着物であれ洋服であれ何かしらの行動をしていれば、着た直後とは必ず違う形になってしまうはずです。何もしなければ・・・。
私、着物を着ているとよく、
「赤羽さんは着物着ていても全然着崩れしないよねぇ!」
言われます。お世辞でも嬉しいのですが(笑)、実はこれ、正確にいうと違います。
実際は「着崩れは常に少しづつ起こっているが、チョコチョコ直している」というのが正解です。
男性の着物で一番着崩れると思われる箇所は「衿の下がり」と「裾の開き」です。展示会などで着物を着ながら活動していますとどうしても、襦袢の衿が下がってきて、放っておくとだらしない感じになってしまうのですが、たまにササッと衿を上げたり、またトイレに行くついでに、着物と襦袢の間に袖から手をいれて衿や裾を簡単に整えているのです。
「常にそんなことするのって面倒!」
ってお思いの方もいらっしゃるかもしれませんが、
この程度の事は、実は皆様も、お洋服をお召しいただいている時にもされているはずです。
例えば男性であれば、
「ネクタイが下がってきたから締め上げる」
「ワイシャツがパンツから飛び出そうなので中に入れる」
女性でいえば
「お化粧が崩れていたのでチョッと直してみた」
位の感覚でしょうか。
これって、「着崩れを直している」と同じだと思いませんか?

つまり
「着物が着崩れするから」ではなく、
「着崩れの直し方がわからない」から
「着物を着ない」
のではないか、と思ったんですね。
「何処が着崩れしやすく」、
「それを直すためにはこうすれば良い」、
という事がわかれば着物で活動していても不安を感じる事もないと思います。(例えばスーツで言えばネクタイが下がったら、「下のネクタイを持ちながら結び目をあげる」という方法を皆様がご存知の様に)
又、補正も最低限の物にしてしまえば着付けそのものの時間もかかりませんしね!何より着物の着崩れを直す方法も解ってしまえば実は簡単ですし!

ですので着付けをいま勉強されていらっしゃる方は、「着方」はもちろん「着崩れの直し方」も先生やお知り合いに聞いてみてはいかがでしょうか?

ただ一つ、誤解していただきたくないのは、
私は「補正する事」自体をすべて否定している訳ではけっしてありません。結婚式や華やかなパーティーなど、記念すべき「晴れの舞台」でお着物をお召しいただく時には少しでも綺麗に美しくお着物を着たいと思われるのは当然のことだと思いますし、そのためには、補正は大変有効な手段だと思います。
(これはもう、多少着付けに時間がかかっても、若干動きやすさを犠牲にしてでもです(笑)!華やかなお席や記念すべき日に、多くの人に自分を美しくみせたい、というのは女性の本能だと思いますし、またそうあるべきだと思います。私も綺麗な女性を拝見するのは決して嫌いではありませんしね(笑)。もっとも上記のような「晴れの舞台」では、そもそもそんなにバタバタすることッテ無いでしょうが・・・(苦笑))

話を戻しまして(笑)、「まず補正ありき、では無い」という事をお伝えしたかったのです。
街着として、あるいはカジュアルなお集まりで着物を着たい、という場合はあまり難しく考えず気楽にお召しいただいてもよいかなと思いまし、そのためには前述した「着崩れの直し方」を覚えておかれるとよりいっそう、着物をお楽しみいただけるのでは無いかと思います!

以前にも書きましたが、TPOに併せてお召しになるお着物を選び、また、着付けも使い分けていただいて、
「着物のお洒落」をお楽しみいただければ幸いです。

ちなみに今の私の一番の目標は
「さりげなく着崩れを直せ、その仕草に色気を感じさせる男」
になることです。

いや・・・、
まぁ・・・、
あくまでも個人的な目標なんで、あまり気にしないで下さい(笑)。
えぇ、夢ですからね・・・、夢(苦笑)。
ちょっと「色気のある男」って言葉を使いたかっただけですので・・・(笑)。

◇きものゝ館 赤羽 PC版URL◇
http://www.kimono-akahane.com/
◇きものゝ館 赤羽 携帯版URL◇
http://www.kimono-akahane.com/i/

コメント

よーくわかりました。

こんにちは。
読んでいて、納得してしまいました。
着慣れていないのもありますが、いつも補正は?着付けは?着崩れは?と考えてばかり。
ちょっと、気が楽になったような。。。
あまり頭で考えず、気楽に着物を着れるようにしたいです。

お久しぶりです!

オードリーさん、お元気でしたか??
つたない文章ですが、今まで以上に、少しでもお着物をお楽しみ頂くキッカケになれば幸いです。
これからも多いに着物ライフをエンジョイして下さいね!

自分の着付けをチェックするのに、たまに自分の着姿の写真をご覧になるといいですよ。
鏡で見るのとはまた違い、より客観的に見る事が出来ます。
ちなみに私が自分の着物姿を見るたびに思う事は、
「うわぁ、瘠せてるなあ・・・、ガリだね、ガリ・・・。」
って事です。って全然着物と着付けとは関係ないですか(笑)?

これからもよろしくお願いいたします!


その目標は。

こんばんわっ、サクラです^^*)

何だかレスしていたら可笑しくなったので
もう1度書きますねっ^^*)

その目標は既に達成されているのではないですかっ!?
「色気のある男性」
と言う場所です^^*)
何でも自然に出来ている事こそ漂ってくるものです。
それを常に行っていればいいと思いますよ^^*)

生意気言ってすみませんm(__)m

私はまだ、浴衣でしか街中を歩いた事がありませんが
反対に心配性になる程「着崩れ」を心配していません.
折角のイベントが台無しになり、楽しみも半減するからです。
多少は仕方ないと言う気持ちで出掛けている次第です.
浴衣も着物も1日中脱ぎたくないと思う私ですもん!
これからもその考え方は変わり無いと思うこの頃です.
(最後下手な文面になり申し訳ありませんです。)

サクラさん!

こちらにもコメントありがとうございます。
サクラさん、すばらしいです(笑)。
細かい着崩れも過剰に気にせずに、
どんどん着物を着る機会を増やして下さいね。
それが一番『着付けが上手になる』近道ですし!

私も色気が出せるように頑張ります・・・(苦笑)。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kimonoakahane.blog43.fc2.com/tb.php/59-8d712b32

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。