プロフィール

赤羽寛樹

Author:赤羽寛樹
誕生日:S47年3月17日
血液型:O型
生まれ:新潟県新潟市
性 別:男
「新潟市古町通五番町の着物屋『赤羽』の若旦那でございます。
着物の楽しさを広めるべく頑張りますのでよろしくおねがいします!」


最近の記事


月別アーカイブ


カテゴリー


携帯版 ブログ

QR

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日からずーっと、
『「きもの」をテーマにどんな事を書こうか・・・』
と考えておりまして、ようやく思いついた事が今回の記事の題名についてです。

皆様が「着物を着ない理由」の一つによく言われる事が、
「着るのがめんどくさい」
「着方が分からない」
といった「着付け」に関する事です。

皆様が仰るとおり、「着物の着付け」は難しいと思います。
ただし、
「慣れない間は。」
です・・・。
私も社長(母親です)も毎朝着物を着てから出社しますが、
男物を着る私が5分ほど、社長も15分程で全てを着てしまいます。
因みに男性物の着物を着る際の手順はというと、

襦袢をはおる→腰紐でしばる(襦袢を着る)
→着物をはおる→やっぱり腰紐でしばる(着物を着る)
→帯を結ぶ→羽織をはおッて出来上がり!

とこんな感じです。
ではスーツを着るときの手順はどうでしょうか?

ワイシャツをはおる→ボタンをはめる(シャツを着る)
→パンツをはく→ベルトをしめる(パンツをはく)
ネクタイを締める→ジャケット羽織って出来上がり!

行程の数はあまり変わらないと思いませんか?

前ボタンだけでなく手首のボタンも含めると、
ワイシャツのボタンを全て留めるのって意外とめんどくさいですし、
ネクタイに至っては、私は今でも正直苦手です(笑)。
締め慣れた角帯の方が、仮に締めた形がカッコ悪くなってもすぐに直せますし、時間がない場合は最悪、羽織で隠す事もできますしね(笑)。
腰紐もただ胴に巻いて片結びしているだけで、なにも難しくありません。
コツさえつかめば&慣れてしまえば、意外と簡単に着れてしまう物なんですよ、実は着物って!

ただ私も以前は、着付けにある程度なれた後も、
「でも着物の着付けって面倒だなぁ」と思って時期はありました。
それが解消された、
というか『なぜ「面倒」と思うか』が分かったのが実は、
朝から着物を着て出社する様になってからなんです。

展示会やイベントの期間中は社員全員、着物で接客するのですが、
入社してまだ間もない頃は着物の枚数もあまり無く、
「万が一、出社の道中で汚したら大変かな?」と考え、スーツで会社に行き、出社後に改めて着物に着替える、という事をしていました。
が、これが実に面倒なのです(笑)。
着物を着た後に、ワイシャツやスーツはもちろん、
一番に下に着ているTシャツやら靴下、更には靴まで片付けなくてはいけません。
「あーッ、もう面倒だから朝から着物で着ていこう!」
と思い実行してみるとなんと簡単&お気楽な事か!!

そうなんです。つまり、
「着物の着付けが面倒」なのでは無く、
「洋服から着物に着替えるのが面倒」
なんだという事に気が付いたのです。

着物に対して誤解をしていたんだなぁと感じた時でした。

もう一つ、やはり「着付け」を難しいと思う理由ってこれかな、
と思い当たる事があるのですが、それは又次回に・・・。

というのが、実はこれから会議なんです!すいません!!
次回のブログもお楽しみにどーぞ。

◇きものゝ館 赤羽 PC版URL◇
http://www.kimono-akahane.com/
◇きものゝ館 赤羽 携帯版URL◇
http://www.kimono-akahane.com/i/




コメント

あー

男性は簡単ですよね・・・。
うちのだんなも私が帯を結び始める頃、着始めます。
そして、私より早く着終わる・・・あれー?
女性の場合は、ちょっと面倒なのですよ。
それこそ着慣れないといけませんね。
私?
私もまだまだです。いつも「変~」と、うなってます。

いえいえ、

ぱせりさんのお着付けもなかなかの物ですよ。
お世辞抜きに!!
たしかに、女性の着付けは男性に比べて難しいとは思います。特に帯結びなんて見ていて「なるほど・・・。」と感心する位ややこしいですよね(笑)。
いま、色々な着付けの方法や、簡単に結べるような帯の仕立て方など、様々な「簡単に着装できる」やり方が紹介されています。それらの方法はよく考えてあるし、非常に素晴らしいアイデアで私も感心していますし、着物を着る人を増やす、という点では必要なことだと思います。

でも考えに考えていくと、結局は、それでも洋服に比べれば難しい&ややこしい事には変わらないと思います。
ぱせりさんも仰るとおり、最終的には「慣れ」だと思います。
それは着付けはもちろん、「着物を着る」という行為自体も・・・。
着物に「慣れる」一番の方法は、まずは着物好きのお友達を作ることだと思います。皆様で着物での食事会などを開催し、「着物を着やすい環境」で「たのしく着物を着る」回数が増えていけば自然と自分なりの着付けの方法が見つかるのでは・・・?
ぱせりさん、これからも食事会の幹事、頑張って下さいね(笑)!
いつもコメントありがとうございます!

確かに!

こんばんわっ、サクラです^^*)

かなり昔のブログを拝見させて頂いております。
ですが、納得してしまいました!!
確かに、洋服から和服に着替えるのは
「面倒」かもしれませんねっ!

しかも、ぱせりさんと同意見で女性の場合は、
帯の結び方が色とりどりあります。
慣れないと混乱してしまいますよねっ。

ですが、着物って目で見ても楽しいですし、
着て、街中を歩いて雰囲気を楽しむのも素敵ですよね♪
着付けを1人で出来る様になれたらと思う今日この頃です^^;)

サクラさん!

返信コメント遅れてごめんなさい!
仰るとおり女性の着付けは男性より難しいですよね。
ただ、これは着物に限らず
『女性のファッションは男性のファッションより手間は&時間がかかる』
ともいえるかと思います。
お洒落に時間をかけられるのは女性の特権です!
どうぞご自分なりのお洒落を存分に楽しんで下さいね。それが着物であればなお嬉しいです(笑)。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kimonoakahane.blog43.fc2.com/tb.php/58-ec42ad28

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。