プロフィール

赤羽寛樹

Author:赤羽寛樹
誕生日:S47年3月17日
血液型:O型
生まれ:新潟県新潟市
性 別:男
「新潟市古町通五番町の着物屋『赤羽』の若旦那でございます。
着物の楽しさを広めるべく頑張りますのでよろしくおねがいします!」


最近の記事


月別アーカイブ


カテゴリー


携帯版 ブログ

QR

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

皆様、こんばんは。

本日は昨日、中途半端に終わってしまった
「きものの柄」シリーズの続き、
『附下』の実践編です。

まぁ、別に何を実践するわけでもないのですが、
昨日がよく考えもせず導入編としてので
ちょっと雰囲気を出してみました(笑)。

さて、本題。

昨日の日記の最後に、
附下柄を理解するためのヒントとして

『着物の仕立ては
身頃や袖が肩(上部)で切られていない』

と書かせて頂きました。
今、お洋服を御召になられている方は
ご自分の肩部分を見てみて下さい。
身頃(体をつつむパーツ)か袖のどちらかに
切れ目がありませんか?
それはつまり、体の前部分と後ろ部分用の
『2枚の布を張り合わせて』仕立ててあるからですよね。

ところが着物の場合はそれがありません。



150308_160203.jpg



これは私の着物の肩部分ですが、
上部に折目がうっすら見えるだけで縫い目はありませんよね。
(袖と身頃の縫い袷(=袖付け)ではありません。念のため。)

なぜか。それは着物の場合は、
『一枚の布を折り曲げて』袖や身頃を仕立てているからです。
ではなぜ、そうするか?

これは『仕立直しが行いやすい』ため、だからです。
大きく布を残しておいた方が、
寸法を直す際、あるいは、
まったく別の物に仕立て直す際に制限が少ないからです。

ではこれを踏まえて、次の説明を。

いま、こんな反物があるとします。



tukesage.png


ずいぶんとPOPな柄ですね(笑)。

これを着物に仕立てるとおおむねこんな感じになります。



tukesage mae


うーん、さらにPOP感が増しますね(笑)。

ところがこの着物、後ろから見ると・・・


tukesage usiro


あら、残念。折角のPOPなお顔が
全て上下逆さになってしまいました!

こうなる理由はもうお分かりですよね。
『肩や身頃で切らず、一枚の布を折り合わせている』
からなんです。

もうお分かりの方もいらっしゃるかと思いますが、
つまり附下柄とは、上記のような事にならないように

『仕立てあがった際に、
前からみても、後ろからみても柄が上下同じになるように
なっている(附け下られた)柄』

ということです。

分かりやすいお着物がこちら。


写真 2015-03-08 11 46 02


インターネットから拾った画像ですいません(苦笑)。
このお着物全体に広がっている柄は
『青海波(せいかいは)』という古典柄ですが、

実際に御召になった場合に
前から見える部分と後ろから見える部分の
柄がすべて上下同じ向きになっていますよね。

一見すると『同じ柄の繰り返し』にみえるので
『小紋』かなって思われるかもしれませんが
実は『附下』なんです。

(もっと正確に言えば『絵羽柄(風)』なんですが、
これを今説明するとまたややこしくなるので
それはまた明日で・・・。)

附下柄の反物をずーっと広げてみると・・・


写真 2015-03-08 15 32 12


下側にある柄と、その続きの上側にある柄では
上下が明らかに逆になっていますよね。

そして仕立てる際にわかりやすい様に
反物の端にも・・・



写真 2015-03-08 15 30 50



ここを境に『身頃(=ミ)』と『袖(=ソ)』ですよ、
とか・・・




写真 2015-03-08 15 31 23



ここが『肩山(=肩部分で折り曲げるところ)』ですよ、
というような『墨打ち』という印が実はついています。

その墨打ちに従って反物を裁断し、
仕立てると、繰り返しになりますが
『前姿、後ろ姿、どちらも上下が一緒になる柄出し』
になる、という訳です。

ちなみに前の日記で説明した『小紋柄』の反物は
ここまでの手間は行いません。

なので、その代り・・・

写真 2015-03-08 15 45 10


短いスパンで上下が常に入れ替わっている柄
だったり・・・


写真 2015-03-08 15 46 09


そもそも『上下』の無いような柄を
染める(デザインする)事で
着物に仕立てあがった際に違和感がない様に
考えてあるのです。

とはいえ、だからと言って何も考えずに
仕立てる訳ではなく、
やはり目立つところは可能な限り上下が
より良い感じになるように仕立てるわけで、
そこが『仕立屋さんの技術&センス』なんですね。

最後にまとめとして

附下の見分け方は

『着用した際に、前から見ても後ろから見ても
上下がひっくり返っているように見える柄が無い』

ことで判別がつきます。

少しなれてくると、
他の方のお着物姿も見た際に

『これは小紋っぽいけど、
実は附下なのね(=いわゆる『附下小紋』)!素敵です!』

と言ってあげると、着ている方には喜ばれますし
あなたも『きもの通』って思われるかもしれません(笑)。



いかがでしょうか。
『附下柄』について少しでもご理解いただければ
幸いです。


もしかして、多くの方は

『小紋柄と附下柄の違いは分かったわ!
でも、訪問着と附下の違いは結局なんなの??』

とお思いかもしれませんね。

それは、つまるところ最近の
『着物の種類としての附下』のほとんどが



写真 2015-03-08 15 35 55



こういう物だからですよね。

これについては、また明日の『絵羽柄(えばがら)』
に関する日記で説明いたします。

という事で本日はここまで。
本日もありがとうございました!


◇きものゝ館 赤羽 PC版URL◇
http://kimono-akahane.com/
◇きものゝ館 赤羽 携帯版URL◇
http://kimono-akahane.com/i/
◇Facebook『きものゝ館 赤羽』ページURL◇
https://www.facebook.com/akahane.kimono

※新潟市古町五番町商店街オリジナルフリーペーパー
『CINQUE(チンクエ)』URL
http://ameblo.jp/ful-5/

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kimonoakahane.blog43.fc2.com/tb.php/568-b609540c

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。