プロフィール

赤羽寛樹

Author:赤羽寛樹
誕生日:S47年3月17日
血液型:O型
生まれ:新潟県新潟市
性 別:男
「新潟市古町通五番町の着物屋『赤羽』の若旦那でございます。
着物の楽しさを広めるべく頑張りますのでよろしくおねがいします!」


最近の記事


月別アーカイブ


カテゴリー


携帯版 ブログ

QR

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
皆様、こんばんは。

本日も特にこれといった事も起こらず
極々平凡な一日でした(笑)。

ですので困ったときの『きもの』カテゴリー、
ということで
いまだに多くのお客様から聞かれることが多い、
『着物の種類の見分け方』
について書いてみたいと思います。

『そんな事は私は解っているわ!』

という方も少しでもお付き合い頂ければ幸いです(笑)。

最近、繰り返し書かせて頂いてますが、

着物はお洋服と違い、
『仕立て上がった際の形は全て同じ』
です。

モチロン、若干の寸法の違いはありますが
『振袖』であれ『小紋』であれ『紬』であれ、

(今のカッコ内がいわゆる『着物の種類』の一例です。
 初心者の方はここからすでに『?』だと思いますが
 もしかしたら今回のシリーズを読んでいただければ
 少しはご理解いただけるかも知れません)

袖の長さが長いか短いか位で
形はみな同じですよね。

つまりこの形です。

写真 2015-02-10 19 02 18


では何が違うのか。

答えは

『柄の配置』と『生地の製法』

です。

生地の製法については
ちょっと乱暴に分けてしまえば
『糸を先に染めてから布になるように織ったか(=先染)』

『布に織ってから(=白生地)を染めたか(=後染)』
のどちらか、と言えます。

上記の先染の代表が着物の場合だと
『絹織物』という種類に分類され、更にその代表的な物が
『紬』とか『御召』と言われる種類です。

さぁ、すでに『??』の方もいらっしゃいますか(苦笑)。

しかし、今回は『製法』よりも
よりお着物の種類分けに直結する
『柄の配置』に重点をおいて書きたいと思います。

これもちょっと乱暴に、
出来るだけ種類を少なくしようとして選別すると
概ね

『無地』と『小紋柄』、『附下柄』、そして『絵羽柄』

の4種類に分けることができます。

『なんか、見たことある言葉だわ・・・。』

という方も多いかと思いますが、
私なりに噛み砕いて上記4つを説明させて
頂くと


無地は
文字通り、『柄が無い、一色に染められている反物or着物』
で、これは説明はあまりいらないかと思います。
さてここからが本題で、

小紋柄は
『同じ紋様、あるいは同じような紋様の繰り返し柄』

附下柄は
『仕立てあがった際に、
前からみても、後ろからみても柄が上下同じになるように
なっている(附け下られた)柄』

そして、
絵羽柄は
『上記、附下柄の条件に加えて、更に
背縫いや脇縫い等の縫い合せで、
柄が繋がるように配置されている柄』

となります。

という事で本日はここまで(苦笑)。
分かる人には『ふんふん、そうよね。』ですが、
分からない人にはさっぱり解らないという
内容かもしれませんね(笑)。

明日はもう少し詳しく&写真など使って
分かりやすく解説したいと思います。

本日もありがとうございました!


◇きものゝ館 赤羽 PC版URL◇
http://kimono-akahane.com/
◇きものゝ館 赤羽 携帯版URL◇
http://kimono-akahane.com/i/
◇Facebook『きものゝ館 赤羽』ページURL◇
https://www.facebook.com/akahane.kimono

※新潟市古町五番町商店街オリジナルフリーペーパー
『CINQUE(チンクエ)』URL
http://ameblo.jp/ful-5/

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kimonoakahane.blog43.fc2.com/tb.php/565-41f26d87

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。