プロフィール

赤羽寛樹

Author:赤羽寛樹
誕生日:S47年3月17日
血液型:O型
生まれ:新潟県新潟市
性 別:男
「新潟市古町通五番町の着物屋『赤羽』の若旦那でございます。
着物の楽しさを広めるべく頑張りますのでよろしくおねがいします!」


最近の記事


月別アーカイブ


カテゴリー


携帯版 ブログ

QR

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
皆様、こんばんは。

さて、昨日の日記では
『明日は『tanmono』の新アイテムをご紹介!』
と予告しておりましたが、
諸事情により、本日はそれがかなわず・・・。
大変申し訳ございません!!

なので、本日は

『tanmono』って一体何なの?

という事を改めて書かせて頂きます。

当店のオリジナルブランド『tanmono』とは
文字通りその語源は『反物』です。

そして反物とは、一枚の着物を仕立てる際に
必要な要尺(長さ)がある一枚の長い布で、
きものに仕立てる前にはクルクルと巻いてある状態の
これです。

P1030493.jpg


ただ、着物は洋服と違い、
若干の寸法の違いはあるにせよ
仕立てる形は基本的には皆一緒です。

なので、その分その一枚の布を

『どれだけ美しく、綺麗に作り上げるか』

これに着物のデザイナー、職人達は
心血を注いできたのです。

『洋服は形の文化、着物は色柄の文化』

とは、まさにこの事を表しています。

そして、その情熱は先人より脈々と受け継がれ

『友禅』、『型絵染』、『型小紋』、『絞り染』、『絣』、
『錦』、『唐織』、『綴れ織』、等々、

様々な染織技法が開発されると共に、

国内はもちろん、世界中からもたらされた
個性的な紋様や色柄も取り入れながら
進化、洗練されていき、
様々な意匠、色重ねも生まれてきたのです。

そんな歴史の積み重ねの中から
作成される数々の反物。

それを『着物の材料』としてではなく

『一枚の美しい布』

ととらえ、

着物が日常着ではなくなった現代においても
日本の伝統染織工芸の素晴らしさ、楽しさを
日常的に知っていただきたい、

という思いで生み出されたのが
『tanmono』
なのです。

なので『tanmono』ブランドの作品は、
帯や羽織、鼻緒、といった和装用はもちろんの事、
トートバッグやハンドバッグ、髪飾りなど、
洋服や日常生活、あるいは贈答品としても
お使い頂ける商品ラインナップとなっています。

皆様も興味をもたれたら、
まずは当店ウィンドウをのぞいてみて下さい。
そして、お気軽に手に取って下さい。
きっと、伝統染織工芸の素晴らしさを御実感頂けるかと
思います!

ということで本日はここまで。

明日こそは『tanmono』の新アイテムをご紹介できるかと
思います(笑)。

どうぞお楽しみに!

◇きものゝ館 赤羽 PC版URL◇
http://kimono-akahane.com/
◇きものゝ館 赤羽 携帯版URL◇
http://kimono-akahane.com/i/
◇Facebook『きものゝ館 赤羽』ページURL◇
https://www.facebook.com/akahane.kimono

※新潟市古町五番町商店街オリジナルフリーペーパー
『CINQUE(チンクエ)』URL
http://ameblo.jp/ful-5/

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kimonoakahane.blog43.fc2.com/tb.php/557-269e1189

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。