プロフィール

赤羽寛樹

Author:赤羽寛樹
誕生日:S47年3月17日
血液型:O型
生まれ:新潟県新潟市
性 別:男
「新潟市古町通五番町の着物屋『赤羽』の若旦那でございます。
着物の楽しさを広めるべく頑張りますのでよろしくおねがいします!」


最近の記事


月別アーカイブ


カテゴリー


携帯版 ブログ

QR

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お盆休み

今日からお盆休みという方も結構多いのではないでしょうか?

赤羽は定休日の水曜日を除いては休まず営業しております!
ただし、本日のみ17:00にて閉店させていただきますので予めご了承下さいませ。

今日は、特別ギャラリー
『織が奏でる平安王朝絵巻~日本の美と心~』
の様子を簡単ですがご紹介させていただきます!
◇きものゝ館 赤羽 PC版最新の催事情報URL◇
http://www.kimono-akahane.com/exhibition.html
◇きものゝ館 赤羽 携帯版最新の催事情報URL◇
http://www.kimono-akahane.com/i/event.html

まず、既にご覧になられた方もいらっしゃるかもしれませんが、店頭に看板を設置いたしております。
ギャラリー看板

当店では久しぶりの看板設置ですが、やっぱり看板を掲げるといかにも「イベント」って感じになりますね。

ウィンドウはこんな感じです。
ギャラリーのウィンドウ

通常の展示会ですと、華やかな絵羽物を飾ることが多いのですが、
今回は着尺(反物)を何枚か重ねて掛けて見ました。
イメージ的にはズバリ「机張」です、平安絵巻だけに(笑)。

店内一歩入ると、
左側が、
ギャラリー店内その1

で、右側が、
ギャラリー店内その2

となっております。
いつもは小物を飾っている右側に絵羽(訪問着)を陳列するとまた店内の雰囲気もチョッと変わりますね!
左側の額は織物で作られています。

更に奥に進んで行きましょう。
ギャラリー店内その3

こちらも着尺を飾りました。
この反物、写真で見ると分かりにくいですが、地紋と刺繍で柄が描かれてまして大変綺麗です!
触り心地も素晴らしく、シワにもなりにくそうな風合いです。
お茶着からお洒落着まで幅広い用途で活躍してくれそうですね!

さらに奥に行くと、
ギャラリー店内その4

や、
ギャラリー店内その5

といった感じです。
いずれも川島織物セルコンさんの力作ばかりですよ。

奥に見える額も、やはり織物による物です。
題名は「澪標(みおつくし)」といいまして、伊達宗達の筆による、源氏の中の一場面、「澪標之図」を基に緯錦、唐織で織り上げた物です。
原画の趣意は、住吉詣でに来た光源氏が、昔の恋人、明石の上と出会いますが、船上の明石の上と対面せず、引き返すという物語の様を描いた物です。因みに「みおつくし」とは水路に立てられる道しるべの杭のことだそうです。

織額のアップはこちら。
紋織額のアップ


いつもながら思いますが、職人さんの技術にはただただ脱帽です。

まだ陳列しきれていない作品も何点かございますので期間中に、展示される作品も変わっていきますよ。
ご興味をもたれた方は是非お気軽にご来場下さいませ。

◇きものゝ館 赤羽 PC版URL◇
http://www.kimono-akahane.com/
◇きものゝ館 赤羽 携帯版URL◇
http://www.kimono-akahane.com/i/


コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kimonoakahane.blog43.fc2.com/tb.php/40-0a545010

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。