プロフィール

赤羽寛樹

Author:赤羽寛樹
誕生日:S47年3月17日
血液型:O型
生まれ:新潟県新潟市
性 別:男
「新潟市古町通五番町の着物屋『赤羽』の若旦那でございます。
着物の楽しさを広めるべく頑張りますのでよろしくおねがいします!」


最近の記事


月別アーカイブ


カテゴリー


携帯版 ブログ

QR

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
本日は、様々な事情で中断しておりました(どんな事情かは私もよく解りませんが(笑))、店内の様子シリーズを再開させていただきます!
店内をさらに奥に進んで行くと・・・
店内の奥の部屋

この様な感じです。
最初に展示会やイベントでご来場いただいたお客様は「あら、意外とすっきりしてるのね!」とおっしゃる方も多いです。
6月の展示会の様子と見比べると、違いがより解りやすいかもしれません。
夏場は左側に
店内の夏物陳列

単衣や夏物を陳列しています。
左から、夏大島、小千谷縮、夏小紋となっています。小千谷縮の鮮やかなブルーは本当に涼しそうですね。私も大好きな反物の一つです。
その隣には
夏物がたくさん!!

赤ごうりには皆、夏物の反物や帯が入っています。

ちなみに秋になるとこの場所には、七五三用のお着物を飾ったりもします。
奥の方を見渡すと左には
夏の附下&袋帯

やはり、夏用の附下と羅織袋帯といった季節の着物を展示しています。
右側には
床の間

床の間があります。
また、その隣には
鏡&屏風

姿見があります。
その後ろに何気なく飾ってある屏風は、染織作家・吉岡幸雄先生作の草木染による作品です。

ここで後ろを振り返ると、
振り返るとこんな光景

このような光景です。
扉付きの棚の中には、振袖や訪問着、留袖といった絵羽(えば:反物を着物の形に仮縫してある物です)が収納されています。

以上が赤羽の店内の様子です。
先ほども書きましたが、展示会やイベントではない「普段の赤羽」をしらない方も以外に多いんです。
展示会で様々な種類の着物を見るのもモチロン楽しいですが、
お目当てのお着物をゆっくり見てみたい、
という方は逆にイベントをはずしたほうがゆっくりと見られるかもしれません。
ご興味のある方は、お気軽にご来店下さいね。


さあ、明日からは何をネタにすればいいのでしょう(笑)。
だれかヒント下さい!

◇きものゝ館 赤羽URL◇
http://www.kimono-akahane.com/



コメント

はじめまして(?)

遅ればせながら、ブログ開設、おめでとうございますv-275
本日、お店でブログのことをお聞きし、さっそく遊びに来ました。
いつもお店は居心地よく楽しいのでついつい長居してしまいますが、ブログでさらに楽しみが増えました。

ブログの新ネタですが・・・。
社長の名言録とかいかがでしょう?(笑)

これからも楽しみにしています!

ありがとうございます!

ぴくぴこさん、コメントありがとうございました!
社長の名言録ですか、なるほど・・・・。
社長は名言だけでなく、迷言も多いから、そちらの方を紹介しましょうか(笑)。
なにはともあれ、お店だけでなく、ブログの方にも何時でもお立ち寄り下さいね。
お待ちしております!!

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kimonoakahane.blog43.fc2.com/tb.php/19-954e1b67

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。