プロフィール

赤羽寛樹

Author:赤羽寛樹
誕生日:S47年3月17日
血液型:O型
生まれ:新潟県新潟市
性 別:男
「新潟市古町通五番町の着物屋『赤羽』の若旦那でございます。
着物の楽しさを広めるべく頑張りますのでよろしくおねがいします!」


最近の記事


月別アーカイブ


カテゴリー


携帯版 ブログ

QR

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6月の展示会

赤羽のホームページにてアップしました!

先回のプチ宣伝の時に予告した、ご来場いただく作家さんとは、
首里花倉織の第一人者でいらっしゃる伊藤峯子さんです。
私も沖縄へ染織の勉強に行った時や京都で何度かお会いしてますが、
とっても明るくて気さくな方です!
その人柄に魅せられて、ついつい仕入れも増えてしまいます(笑)。
もちろん人柄だけでなく、作品も本当に綺麗&お洒落な物ですよ。
ご興味のある方はお気軽にお問い合わせ、ご来場下さい!!
◇赤羽・最新の催事情報URL◇
http://www.kimono-akahane.com/exhibition.html

催事情報の更新に伴い、ギャラリーも更新しました。
こちらも併せてご覧下さい。
◇赤羽きものギャラリーTOP◇
http://www.kimono-akahane.com/gallery.html

私も入社してまもなくに、染織作家さんや織元さん、染屋さんにお邪魔して製作現場を拝見させて頂いた事がありますが、一言感想は、と言えば・・・

「いやー、よくやるなぁ・・・」

という感じでしょうか。
これは別に馬鹿にしている訳でも何でもなく、ただただ感心&敬服するばかり、という意味です。
「織る」、「染料をつくる」、「絣をくくる」、「地色を染める」など、織物や染物の制作工程や専門用語はある程度自分なりに勉強してから実際に作業現場を見させてもらったのですが、
言葉を覚えてしまえば理解できるというような物ではないな、と感じました。
そして作り手の皆さんと直接お話して、皆さん決して言葉数は多くないのですが、言葉の端々に「自分の仕事に対する誇りと愛情」を感じました。
たしかに、本当に好きでないと続けられない「仕事」だと思います。

作り手の想いと着る方の想いをつなぐ事が、私たち着物専門店の「仕事」だと思ってがんばります!

店内の様子シリーズは今しばらくお待ち下さい。
なにせ、写真を取る暇がないので・・・(笑)

コメント

16~19!

ものすごく楽しみな展示会ですが、いつ行けることやら・・・。
ちょっと用事の整理をしてみます(笑)

ありがとうございます!

ぱせりさんも何かとご多忙とは思いますが、上手に用事を整理して(笑)、是非遊びに来て下さい!

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kimonoakahane.blog43.fc2.com/tb.php/14-d23046ba

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。