プロフィール

赤羽寛樹

Author:赤羽寛樹
誕生日:S47年3月17日
血液型:O型
生まれ:新潟県新潟市
性 別:男
「新潟市古町通五番町の着物屋『赤羽』の若旦那でございます。
着物の楽しさを広めるべく頑張りますのでよろしくおねがいします!」


最近の記事


月別アーカイブ


カテゴリー


携帯版 ブログ

QR

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

着物文化

いやはや、すっかり春めいてきました。
桜も満開ですね!!
『明日は昼休みにでも白山公園まで散歩に行こう!』
なんて思っております(笑)!

さて今日は、
たまに『きもの』カテゴリーで書かないと、
『京都に行って美味いもんばかり食べて!』
と思われそうですので(苦笑)、
少し硬いテーマです。

私たち呉服業界では
『着物文化を守りましょう!』
みたいなスローガンを使うことが多いです。
では具体的にどうすれば良いかと問屋さんやお客様も含めて
色々と意見交換するのですが、
『着装が難しいから簡単に着られる方法を提案すれば』
『でもそれでも洋服よりは時間もかかるよね・・・』
『お値段も高いから安い商品も提供しなければ』
『でも、プレタ&化繊の着物ばっかりというのもちょっと・・・』
『やっぱり「本物」も残して行きたいわよねぇ・・・』
『着ていく機会が少ないからかしら。』
『では着ていく機会を提供すれば・・・』

・・・

などなど、様々なご意見が交わされます。
皆、それぞれ納得できるご意見ですし、
読まれた方々も一度はそう思われた事もある
ご意見もあったのではないでしょうか?

私も今の会社に入って以来、色々と考えてはきましたが、
最近はこのように考えています。
それは・・・


『着物文化を守る』という事は
『着物を着るという『習慣』を守る』、

『伝統技術&芸術、すなわち『染織工芸』として守る』
の2種類に分かれる。


という事です。

昨今は、いわゆる古着屋さんやインターネット・オークションをご利用されてお安くお着物を手にいれる事もできる流通もすっかり定着し、
また化繊&プレタというお着物も『着物を着てみたい!』という若い方を中心に人気があります。

皆様がお着物を着ない理由に良くあげられる
『着物は高い』と『着物は着た後の手間が面倒』
という意見を受け『それならば!』ということで
ある意味『革命的』に上記の商品を開発されたり、
流通を確立された事は本当に素晴らしい事だと思います。
そしてこれは上記二つの『着物文化を守る』という内の

『着物を着る習慣を守る』
という意味では本当に有効な手段かと思います。

しかしそればかりでよいのか、というと
それはやはり違う、とも思います。

『友禅』や『絣』といった素晴らしい技術と
その高い技術で表現された日本古来の『美的感覚』
も同時に守っていかなければ、本当の意味で
『着物文化を守る』
という事にはならないと私は思っております。

華やかな友禅の美しさ、
精巧な絣の素晴らしさ、

これらは確かに高価な物ではありますが
しかし同時に『着物の素晴らしさ』の一端である事は
間違いないかと思います。

どの業界でもそうかと思いますが、
特に近年の着物業界は

『ユーザーの裾野を広げる』という事
(=『着物を着る習慣を守る事』)
『トップバリューを維持、あるいは上げて行く』
(=『染織工芸として素晴らしい作品を提供する事』)

という、どちらの作業も必要だと思います。

しかし、この両方を一つのお店でやる事も
なかなか難しい事であるのも又事実・・・。
お店の商品群をガラリと(あるいは一部でも)変えるという事は
お店のカラーそのものをかえる事になりますし、
何よりどちらの『着物を守る』という作業も
も中途半端になってしまう可能性が高いかと思います。
(ですので、繰り返しになりますが、先述したプレタ着物を
初めて取り扱われた方々は、本当に敬意を表したいです!)

しかし、今、当店がある新潟市・古町商店街には
『化繊&プレタ着物』を中心に扱うお店、
『上記に加えてレンタルもされているお店』
『古着屋さん』
そして当店のような
『伝統的工芸品を中心に扱うお店』

という様々なバラエティにとんだ着物屋さんがそろっています。
様々な年代や嗜好に合わせて着物を探せる、
お着物好きにとっては何気に便利&楽しい町なんです(笑)。

そしてとある会がきっかけで、
上記の古町、そして万代の着物屋さんや着付け教室さんも含めて
『合同でなんか楽しい事が出来たら楽しいね!
 とりあえずみんなで集まってみよう!』
という話が出ております!!

実際にどんな事をするのか、そもそもこの集まりが
今後どうなって行くのかはまだ全くの白紙ですが、
個人的には非常に楽しみにしております!

この集まりが、新潟の着物文化が大きく羽ばたくきっかけになれば嬉しい事です。

皆様もどうぞお楽しみに!

◇きものゝ館 赤羽 PC版URL◇
http://kimono-akahane.com/
◇きものゝ館 赤羽 携帯版URL◇
http://kimono-akahane.com/i/

コメント

いいですねっ!

こんばんわっ、サクラです

本当にその通りですね!
私も含めて、始めはプレタ物から着物に袖を通して
徐々に伝統ある着物を着用出来るくらいの人達が増えて欲しいですねっ。

そして、素敵な事じゃないですか!
「合同で何か事を興す!」と言うのは。
色々な意見等が出るかもしれませんがっ、
そうゆう機会を少しでも多く作り宣伝をして、
色々な方の目に留めて頂く事も必要な事だと思います。

そして、自然体で着物で町並みを歩けるように
なって貰いたいと思う今日この頃でした。
(下手な文面ですがお許し下さい)

サクラさん!

合同会、どんなものになるか私も今から楽しみにしております!
新潟が『着物の似合う町』になれば最高ですよね。
みんなで頑張っていきたいと思いますのでよろしくお願いいたします!
あと、
サクラさんは文章作り決して下手ではないと思いますよ。
いつも嬉しいコメントありがとうございます!

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kimonoakahane.blog43.fc2.com/tb.php/133-8ca9977b

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。