プロフィール

赤羽寛樹

Author:赤羽寛樹
誕生日:S47年3月17日
血液型:O型
生まれ:新潟県新潟市
性 別:男
「新潟市古町通五番町の着物屋『赤羽』の若旦那でございます。
着物の楽しさを広めるべく頑張りますのでよろしくおねがいします!」


最近の記事


月別アーカイブ


カテゴリー


携帯版 ブログ

QR

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

風呂敷

今、風呂敷がちょっとしたブームらしいですね。
包装紙や紙袋と違い無駄なごみが出ないため、環境意識の高まりを背景に若い女性などの間で利用が広がっているのだそうです。
小池百合子環境相を招いて、風呂敷の様々な包み方を紹介するファッションショーも行われたようです。
昨年の「クールビズ」に続いて、小池大臣は夏の新しいファッションの提唱者みたいですね(笑)。
最近では、風呂敷のかわいい使い方を紹介するTVも放映されていました。その番組では、単純に「きれいな布」としてタペストリーにしたり、可愛く形を整えて部屋を飾るアクセサリーにする方法を紹介していまして、私も「なるほど!」と感心することしかり。

実際、私も仕事で使っていますが、風呂敷は何かと重宝します。着物を運ぶにはもってこいなのはもちろん、用がすんだらたためてしまえるのも便利!

ちなみに「風呂敷」はなぜ風呂敷というかと言うと、文字通り元々は、「お風呂に敷く布」だったから。というのも昔のお風呂は今で言うサウナ風呂のように「蒸気を浴びる」という物で、その際に直接おしりが触れると熱いので布を敷いていたそうです。その布がいつの間にか「物を包んで運ぶ」ための布の呼び名になったなんておもしろいですね。
更に言えば、そのサウナ風呂に入る時に着ていた衣装を「湯帷子(ゆかたびら)」といってそれが「浴衣(ゆかた)」の語源なのです。
江戸時代に、銭湯の普及と共に入浴(今のお風呂と同じ、お湯につかるお風呂)が広まり、湯上り着に最適な木綿の単衣着物をいつしか「ゆかた」と呼ぶようになって、さらに「浴衣」と当て字したそうです。
この当て字も言い得て妙、というかナイスセンス(笑)と思います。日本語独特の「当て字」っておもしろいですよね。
以上、プチきもの豆知識でした(笑)。

しかし「お風呂に敷く布」がいつから「物を包んで運ぶ布」に変わったのかは追調査しておきます。
今度ギャラリーに風呂敷をアップしたり、豆知識にも、風呂敷の楽しい使い方、を紹介するのもいいかもしれませんね!
がんばってアップします!
◇赤羽ギャラリーURL◇
http://www.kimono-akahane.com/gallery.html



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kimonoakahane.blog43.fc2.com/tb.php/13-f7722607

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。