プロフィール

赤羽寛樹

Author:赤羽寛樹
誕生日:S47年3月17日
血液型:O型
生まれ:新潟県新潟市
性 別:男
「新潟市古町通五番町の着物屋『赤羽』の若旦那でございます。
着物の楽しさを広めるべく頑張りますのでよろしくおねがいします!」


最近の記事


月別アーカイブ


カテゴリー


携帯版 ブログ

QR

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先回に引き続き、
『きもののTPO』について・・・。

先回
『着物を洋服に例えた場合』

『正装や普段着の定義』
について書かせて頂きました。

お読みになられた方は、皆様それぞれ若干のニュアンスの違いを感じる方もいらっしゃるかとも思いますが、以後の説明をよりわかりやすくするために、いったん私なりに定義付けさせていただいた、とお考え下されば幸いです。

では始めさせて頂きます!
本日は
『「O=場合、目的」にあった着物って何??』
という事について各シチュエーション別に分けて書かせていただきます。

◎『○○式』

結婚式やお葬式といった冠婚葬祭、
あるいは入学式や成人式、何かの授与式、といった式典では、
やはり『正装』を着ていくのが原則かと思います。
つまりこれは着物の場合、

『紋付の着物』

『準礼装となるような格式高い訪問着や附下』、そして、

『振袖』

となります。
(先回の記事で書き忘れましたが振袖は未婚女性の『正装』件『盛装』となります。)

ではより細かいシチュエーション別で見ていきます。


◇「結婚式」◇
これは様々な本でも説明されていますが、概ね

両家の親&仲人・・・黒留袖
親族・・・黒or色留袖、訪問着&附下、振袖、色無地(紋付)
招待客・・・訪問着&附下、振袖、色無地(紋付)

と言ったところでしょうか?
原則すべて紋付又は古典柄の着物となり、なおかつ、お祝いの席ですので格調高く華やかな物がお勧めです。

◇「入学式」&「卒業式」◇
どちらもお祝い事ですので、ご列席される方は訪問着や附下、あるいは色無地(紋付)がお勧めですが、
『新しい門出を祝う』と言う意味で入学式では訪問着や附下、
卒業証書授与等、より式典的な卒業式では色無地(一つ紋)、
といったような使い分けもお勧めです。

まだまだ様々な『○○式』がありますが、
大事なことは『礼を尽くす』という気持ちで、
お召しになるお着物をお選び頂くことだと思います。

◎『○○宴』
「○○式」と似ているけど少し違う、
という意味で『○○宴』としましたが、ようするに

『結婚披露宴』や、『新年会や祝賀会といったパーティー』、
あるいは、
『チョッと贅沢なお食事会』、

といった様な華やかなお席、という意味です。
最近人気の『レストランウェディング』も、これに該当するのかもしれませんね。

この場合は、『格式を問われる』、というよりも、『華やかなお洒落を楽しむ』というニュアンスでお着物をお選びいただければ良いかと思います。

つまりは『盛装』という事になります。

着物で言えば、
振袖染織作家の個性的&華やかな訪問着や附下華やかな小紋
といった所でしょうか。

ですので、『○○式』とは違い、
『こうしなければいけない!』
という決まりは原則ありません。

ただ、やはり会場の雰囲気にあった物を選びたいものですし、またそれが他の方々へのマナーでもあるかと思います。
ですので結婚披露宴では(あまり格式ばらなくてもよいですが)やはり吉祥柄のお着物や帯をお選び頂く方がよろしいかと思いますし、
逆に、お食事会やホテルでのディナーパーティーといったお楽しみの会では、紬地に友禅を施した訪問着や、先染めによる織物の訪問着+お洒落袋帯、といった組み合わせも楽しいかと思います。

『宴』は美味しい食事と会話、そしてお洒落を楽しむ時です。
日常とはまた違う、皆様それぞれの個性的なお洒落をお楽しみ下さい!

という事で本日はここまで。

今までの『○○式』や『○○宴』はいわゆる
『フォーマル』、あるいは『ハレ』、
といわれる物ですね。

最近では、このフォーマル及びその決まり事、という概念自体がだんだんと省略される傾向にあるように思えます。

私も10代~20代前半の頃は、
『めんどくさい』、
『堅苦しくてわずらわしい』、
『決まりごとなんてしなくても別にいいじゃん!相手にも気を遣わせるし・・・』
などと思っておりましたが、
様々な経験をして行く上でやはりこれは大事な事だと思うようになってきました。

それは
『フォーマル需要が減って着物が売れなくなった。困ったもんだ・・・。』という商売的な理由ではなく、

『フォーマル、『ハレ』の時こそ国それぞれの伝統文化が現れる。』

という事に気が付いたからです。
そして又、

衣装を着るという行為には、
『衣装の色柄に自分の想いを込める』
という意味もあると気が付いたからです。

そして次第に、
着物を着るということは、
『過度に言葉で賞賛するのではなく、しかし、さりげなく喜びとお祝いの気持ちを伝える』
という日本古来の『美徳』を表現していると考えるようになりました。

大事にしていきたい事だと思います、こういう事は・・・。


さて、次回は『カジュアル』&『ケ』の装いについて、
となります。
まだまだ続きますよ、この『きもののTPO』シリーズ。
飽きた、なんていわずにもうしばらくお付き合い下さいね(笑)!!

◇きものゝ館 赤羽 PC版URL◇
http://kimono-akahane.com/
◇きものゝ館 赤羽 携帯版URL◇
http://kimono-akahane.com/i/

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kimonoakahane.blog43.fc2.com/tb.php/101-50349091

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。