プロフィール

赤羽寛樹

Author:赤羽寛樹
誕生日:S47年3月17日
血液型:O型
生まれ:新潟県新潟市
性 別:男
「新潟市古町通五番町の着物屋『赤羽』の若旦那でございます。
着物の楽しさを広めるべく頑張りますのでよろしくおねがいします!」


最近の記事


月別アーカイブ


カテゴリー


携帯版 ブログ

QR

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『西陣織』

皆様、こんばんは。

『昨日までの春らしさはなんだったんだ!』
と言いたくなるくらい
今日の新潟市内は寒かったですね・・・。

今年の春は
中々の『じらし』テクをもってるよう(笑)。

さて、本日は
伝統染織工芸としての着物』カテゴリーで。
テーマは『西陣織』です。

着物を作成する代表的な技法と言えば
友禅』や『』ですが、
もう一つ、忘れてはいけない、
帯を作成する代表的な技法が
『錦織』や『綴れ織』等で知られる『西陣織』ですよね。

こちらも、実はわかっているようで
余り深くは解っていらっしゃらない、という方も
結構多いのでは、と思いまして、
こんな動画を探してみました。


『織る-西陣織1/2 』

nisijinori1.jpg


『織る-西陣織2/2 』

snisijinori2.jpg

上記写真はいずれも動画へのリンクではありません。
下記URLよりそれぞれ御覧下さい。

『織る-西陣織1/2 』
  ⇒https://www.youtube.com/watch?v=EioOUmUZOLA
『織る-西陣織2/2』
  ⇒https://www.youtube.com/watch?v=8kuVul4ESuo


綴れ織と錦織の技法や歴史を
分かりやすく説明してくれています。

ジャガートやPCの導入等、
時代に合わせて近代化が図られているとは言え、
特に多色使いで複雑&繊細な紋様を織り上げる際には
まだまだ職人さんの熟練の技術が必要であり、
見ていて只々関心するばかりです。

というか、人間だけで行っていた、
というのが信じられないほど複雑な織物です。

『ボロは着てても心は錦』。

そんな慣用句が生まれるほど、
現代の私たちが思っている以上に
昔から貴重な織物だったのです。

今回の動画を見ていただいて、
皆様がお持ちの帯に、
より愛着がわいてくれれば幸いです。

という事で本日はここまで。
明日もよろしくお願いいたします。



◇きものゝ館 赤羽 PC版URL◇
http://kimono-akahane.com/
◇きものゝ館 赤羽 携帯版URL◇
http://kimono-akahane.com/i/
◇Facebook『きものゝ館 赤羽』ページURL◇
https://www.facebook.com/akahane.kimono

※新潟市古町五番町商店街オリジナルフリーペーパー
『CINQUE(チンクエ)』URL
http://ameblo.jp/ful-5/

スポンサーサイト

『結城紬』

皆様、こんばんは。

本日は、本当に久しぶりですが、
伝統染織工芸としての着物』カテゴリーでUPしたいと思います。

先回の『友禅』につづき、
本日は、着物ファンにはおなじみ、
そうでない方も聞いた事くらいはあるかもしれません、
『結城紬』をご紹介させていただきます。



mqdefaultyuukitumugi.jpg

上記写真は動画へのリンクではありません。
  下記URLより御覧下さい。
 『結城紬(ゆうきつむぎ) 』
  ⇒https://www.youtube.com/watch?v=N_Ae9QFi-Lc


絹織物の最高峰ともいえる、結城紬ですが、

なぜ、あの風合いが生まれるのか、
精巧な絣はどのよう作られるのか、
『地機、いざり機』って聞くけど何??

等々、解っていそうで実はよく解らない、
そんな疑問点が上記動画で大分お分かりに
なっていただけると思います。

今回の動画では結城紬の最大の特色である
『手紬ぎの糸』、『絣くくり』、『いざり機(地機)での織』
といった工程を説明していますが、
実際には、一見すると地味ですが、
機織りには欠かせない、より多くの細かい工程も
必要となります。

一枚のきれいな布『反物』を作成するまでの
技術と根気には、毎回のことながら只々脱帽のみです。

また、いい動画があればこちらでご紹介したいと思いますので
ご興味のある方はぜひご覧くださいませ。

PS

先日のブログでご紹介した『啓翁桜』ですが、
展示会終了の事には・・・



写真 2015-03-15 11 02 57



可愛らしく可憐な花を咲かせてくれました。
春はもうすぐ!

ということで本日は以上です。

明日は定休日ですので
また木曜日によろしくお願いいたします!

◇きものゝ館 赤羽 PC版URL◇
http://kimono-akahane.com/
◇きものゝ館 赤羽 携帯版URL◇
http://kimono-akahane.com/i/
◇Facebook『きものゝ館 赤羽』ページURL◇
https://www.facebook.com/akahane.kimono

※新潟市古町五番町商店街オリジナルフリーペーパー
『CINQUE(チンクエ)』URL
http://ameblo.jp/ful-5/

珍しく連日投稿させていただきます(笑)。

昨日、当店の若手スタッフが一年近く当店で勤めた結果、
着物について本格的に興味が沸いて来たようで(笑)、

『先染めと後染めの違いって何ですか??』
『そもそも名古屋袋帯と袋帯ってどこで判断するんですか??』
『小紋と附下と訪問着って何が違うんですか??』

と、矢継ぎ早に質問されてしまいました。

モチロン、このスタッフには入社当事に上記の事も含め最低限の着物の知識は
(十分ではなかったかもしれませんが(苦笑))研修期間に教えています。
また、入社後も必要な場合は着物も常々着ていますし、
事務仕事の際にも様々な着物&帯を見て、触れています。
最近は、着付けの手伝い等も積極的に手伝ってくれる
頑張りやさんなんです。

そんな頑張りやさんが
一年近く、自分が出来る範囲で着物の販売に携わり、
様々な商品やお客様とのやり取りを重ねた結果、
本当の意味で『きもの屋のスタッフ』になろうとしているのかもしれません。


頭の中で明確になってきた『着物に関する疑問』に答えよう
と上記の質問を受けた際には私なりに教えたのですが、
もっと明確に伝えたいと思いまして色々としている内に
こんな動画を発見しました。


mqdefault.jpg

※上記写真は動画へのリンクではありません。
  下記URLより御覧下さい。
 『京友禅の老舗「千總」 友禅染 PROCESS OF YUZEN』
  ⇒ http://www.youtube.com/watch?v=MKG13KDqKj8

着物のTPOや着付け方法は当店のベテランスタッフに聞きながら
実際に自分で体験しながら序々に覚えていくとして、
もう一つ、『赤羽が扱っている商品ってどんな物なのだろう』という
疑問には口頭で「絣括り」だ「糊置き」だと説明するよりは
実際に画像で見てもらうのが一番です。

そして、お客様皆様も当店スタッフによる上記のような疑問って
実はお持ちではないでしょうか??

という事で、
今後コチラのブログには様々な伝統染織工芸の素晴らしさや
奥深さが伝わる動画や写真を御紹介していきたいと思います。

例によって、不定期更新になるかと思いますが
御興味を持たれた方は是非御覧になってみて下さい。

だいぶ前の日記でも書きましたが、
私は『着物文化を守る』という事は、

『着物を着るという『習慣』を守る』

という意味と

『美しい布作りという『伝統染織工芸』を守る』

という、二つの意味があると考えております。


この、もしかすると相反するかもしれない二つの目的を
どうにか同時に達成すべく、
これからも努めて参りますのでどうぞよろしくお願いします。

では、本日はここまで。
ありがとうございました。

※創業八十周年婚礼衣装レンタルキャンペーンURL
http://www.kimono-akahane.com/rental/01.html

◇きものゝ館 赤羽 PC版URL◇
http://kimono-akahane.com/
◇きものゝ館 赤羽 携帯版URL◇
http://kimono-akahane.com/i/

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。